×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

親鸞会の真実

マインドコントロールと親鸞会の真実 〜まえがき

「念仏の声を世界に 子や孫に」と本願寺がいくらかけ声をかけても一向に伝わらないのに比べ、親鸞会では、親から子へ、のみならず、子から親へ、祖父母へ、友人へとどんどん仏法が伝えられています。

 親鸞会館に参詣された方が、一様にまず驚くのは、その若者たちの数の多さ、そして正座して聞法する真剣な姿です。仏法は年寄りが聞くもの、という古くさいイメージは、親鸞会にはまったくありません。なぜこれほど違うのでしょうか。
 それは、親鸞聖人の教えが、正しく説かれているからです。世界の光と仰がれる親鸞聖人の教えに、年配の方々のみならず、多くの若者たちが魅了されて親鸞会に集まっているのです。
 ところが、親鸞聖人の教えを正しく説いていない人たちの中には、「それは、マインドコントロールだ」と批難している者がいるのですから、まったく話になりません。親鸞会

 そもそも、いまどき、こんなカビの生えた学者の造語を持ち出すこと自体、自分の頭で思考できていない証拠なのですが、せっかくですから、問題の本質を明らかにし、親鸞聖人の教えとはいかなるものか、これがいかに無意味な中傷であるかを明らかにしたいと思います。

 親鸞会の過去50年の歴史には、これまで違法行為を問われたことは一度もありません。これだけ長い歴史を持つ宗教団体としては、特筆に値することではないでしょうか。純粋に、親鸞聖人の教えを明らかにする親鸞会が「カルト」などでないことは、当然過ぎるくらい明白なことなのです。

 

マインドコントロールの基礎知識

そもそも、マインドコントロールとは、一体どういうものでしょうか。
基本的な解説を、「マインド・コントロールとは何か」(西田公昭 著)より引用しながら説明しましょう。

この本を読んでも分かることですが、「マインド・コントロール」という言葉自体が、一般には非常に誤解をされています。

「マインド・コントロール」という言葉には、なにか神秘的で不可解なイメージが一般に定着しています。破壊的なカルト宗教団体が、信者獲得のために使っている、あやしげな心理操作と思われています。しかし、「マインド・コントロール」そのものは、ごくありふれた社会的影響力や、人間の自然な心理的反応の結果起こるものです。

マインドコントロールの基礎知識 >>次のページ

10


目次

メイン

1.まえがき
2.マインドコントロールの基礎知識
3.教育とアイデンティティー
4.宗教は物語?
5.マインドコントロール論はやはり不毛
6.マインドコントロールと無関係な信心
7.親鸞会の目的
8.カモフラージュ?
9.真実の体験
10.一念の信心

ミナミの帝王に学ぶ ビジネス現場でのマインドコントロール手法

1.人間の情報処理5つの特徴
2.返報性
3.コミットメントと一貫性
4.希少性
5.権威性

参考資料

マインドコントロール論争は不毛
真実
絶対教判
沈黙
錯誤相関
反証可能な真理?
因果の道理を信ずる心が人生を変える(公式サイト)
光に向かう青年達(公式サイト)

 

親鸞会 関連リンク

親鸞会のブログリンク
親鸞会東京公式
親鸞会ネット
親鸞会批判の真実・被害家族の会の正体
親鸞会の本尊論を再考するを読んで

 

MAIL

親鸞会の真実 管理人メール


マインドコントロールとは何か?
親鸞会で教えるマインドコントロールとは無関係な真実」について