×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

親鸞会とマインドコントロールの真実


ミナミの帝王に学ぶ ビジネス現場でのマインドコントロール手法(1/5)

人間の情報処理5つの特徴


「マインドコントロールとは何か」という、本で、人間の情報処理について論じられている部分で「人間の情報処理・5つの特徴」というものがあります。

この本にも書かれていることですが、人間の情報処理・5つの特徴を利用したものは、世の中にいろいろあふれています。
とくに、セールスの現場では同じようなことは当たり前のようにされているのです。
最近話題の「影響力の武器 ―なぜ、人は動かされるのか 」には、 実例がふんだんに紹介されていますが、今回は、漫画から引用しましょう。
引用する漫画は「ミナミの帝王スペシャル 経済心理学入門編 上」です。

閑古鳥の鳴くミナミの商店街を再生させた、自称経済心理学者の花森は、商売が成功した理由について最初にこう言い切ります。

花森
経済心理学を応用したからです。

ひとことで言うなら・・・
人間とは自らの考えにしたがって行動しているようですが、実は……
ある法則によって動かされている動物なのです…………ツ!!

人は自分の判断ではなく、ある法則によって動かされていると言うことなのです!!
このように人の心理状態を経済に応用するのが、私の提唱している経済心理学≠ネのです」

この経済心理学とはいかなるものなのか?
前述の「人間の情報処理・5つの特徴」と全く同じものなのです。

 

>>次へ・1.返報性



マインドコントロールと親鸞会の真実 トップページ