×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マインドコントロールと親鸞会の真実

マインドコントロールと親鸞会の真実

一念の信心

 しかも、死後の浄土往生は、信の一念でハッキリすると明示されています。
 信の一念の妙味は、親鸞聖人のあらゆる著作に記されていますが、中でも有名なのは『教行信証』信巻の御文でありましょう。

「それ真実の信楽を按ずるに、信楽に一念有り。『一念』とは、これ信楽開発の時尅の極促を顕し、広大難思の慶心を彰すなり」(教行信証信巻)

と、ズバリ一念の信を明記なされているからです。

 この文章の意味は、”真実の他力の信心には必ず一念がある。一念というのは疑い晴れて大満足の境地に開発した、ひとおもいを言い、盲者の開眼の一刹那、地獄一定が極楽一定と転じた一瞬、いつ死んでも、往生一定とハッキリした一刹那、今まで閉塞していた心中が開発し信楽と晴れわたった一念、言葉や思惟の及ぶところではない驚天動地の一刹那を一念というのである”と聖人は喝破なされています。

一念の信心2 >>次のページ

 

 

前のページ

10

マインドコントロールと親鸞会の真実


マインドコントロールとは何か?「親鸞会で教えるマインドコントロールとは無関係な真実」について